米国税理士(EA)講師インタビュー

 米国税理士、滝澤聡

受験経験に基づき、分かりやすい講義を

滝澤 聡  (たきざわ さとし)

米国税理士(EA)、米国公認会計士(USCPA)

慶應義塾大学商学部卒。外資系銀行で為替ディーラー、デリバティブ取引のトレーダーに従事。その後、会計事務所、M&A仲介専門会社、日系金融機関にてM&A業務に従事し、現在に至る。

日本と米国は経済的に関係が深く、米国抜きのビジネスは考えにくい状況です。

ビジネスに会計、税務、法律は付きものです。EA(米国税理士)ではこの米国のビジネスに欠かせない税務を学びます。日本の税法も米国の税法がベースになっているため、日本のビジネスパーソンが連邦税を学ぶメリットは大きいです。

近年では、海外に子会社を持つ企業が多く、海外企業のM&Aも珍しくありません。米国税法にのっとった会計書類が日夜、日本を飛び交っており、これらを理解できる人材のニーズは高まっています。

私はEAと同時にUSCPA(米国公認会計士)を学習し、それぞれ合格しました。

USCPAでも税法を学習しますが、EAの方がより深く勉強します。税務と会計は切っても切り離せない「両輪」なので、自身の価値をより高めたい方は、USCPA資格とともにEA資格を持つと良いでしょう。英語を敬遠している人は、EA試験を通じて英語力をアップするチャンスです。

税法というと、難しい印象があるかもしれません。しかしEA試験は、基礎からきちんと学習すれば合格できる試験です。アビタスは、日本語ベースのテキストと問題解説で、会計初学者でも分かりやすい教材が特徴です。

講義においては、私の学習や受験の経験もふまえ、試験で重要となる論点や理解しにくい点について丁寧に解説します。また、実務での経験に基づく具体的な説明も添えたいと思います。