米国税理士(EA)とは

米国税理士とはEA(米国税理士)とはEnrolled Agentの略で、米内国歳入庁(IRS: Internal Revenue Service)が認定する米国で最も古い公的資格です。

米国の国家資格でありながら日本で受験でき、日本のビジネスパーソンが働きながら目指せる資格です。

EAは、IRSが行う国家試験(IRS Special Enrollment Examination)に合格し、税務の専門家として主に税務申告・税務代理業務を担っています。

米国の税務に関する有料での代理業務は独占業務で、EAとUSCPA(米国公認会計士)、弁護士のみに認められています。

EAは、米国連邦政府から交付される国家資格であり、名刺に名乗ることができます。米国人以外も受験でき、日本にも受験会場があります。USCPA試験や米国司法試験のように、学位要件はありません。

試験範囲は米国税制に特化しているため、USCPAよりも試験範囲が狭く、試験の合格率も比較的高いです。日本のビジネスパーソンにとって、専門性と英語力を証明する最短ルートの国際資格として、EAは最適です。

 

米国税理士(EA)プログラムの滝澤 聡講師よりコメントを頂戴いたしました。

滝澤講師のコメントはこちら